« D-60 | トップページ | D-50 »

分岐点

自分の人生を振り返ってみて、この人がいなかったら。。。今の自分はないだろうなっというほどの影響を及ぼした人が何人かいる。
少し前の話になるが、そのうちの一人、韓国慶熙大学の趙永植博士が亡くなった。

88年のソウルオリンピックの頃は、ソウルってどこ?っていうぐらい韓国について何も知らなかったnabiオンマ。90年代も半ばを過ぎ、さすがにソウルがどこにあるかは知っていたけど、関心も興味もなかったあの頃。。。たまたま、趙永植博士の講演を聞く機会があった。

それは、本当にたまたまだった。
その日、突然、行ってみよう!!っという強引な職場先輩に連れられて、裏口から潜り込んだ講演会場。
ちょうど壇上で、サザエさんちの波平さんみたいなおじさん(すみません)が、講演をしていた。
それが、趙永植博士だった。
衝撃的だった。
講演内容がではなく、その人の良さそうなおじさんの口から出てくる激しい音をした言葉が。。。

結局、その衝撃が、語学音痴のnabiオンマが韓国語を習うきっかけとなり、
韓国語を習いに行った先でnabiアッパと出会い、結婚。
新居の向かいの家からnabiがやってきて、
そして、二人と1匹で韓国に来て10年目。
そのすべての出発が、あの日の趙博士の講演会にある。。。

奇しくも渡韓10年目の最初の日に、博士が亡くなった。
享年91歳。動乱の中、全てを捨て、コンパス一つを片手に、歩いて北から南に渡ったという。
韓国屈指の私立大学を創立し、平和運動の先駆者として知られる人格者だった。

博士のご冥福を祈りつつ、自分の人生を振りかえってみたnabiオンマ。
今日もチクチク刺繍をしています。

|

« D-60 | トップページ | D-50 »

日記」カテゴリの記事

コメント

おおっ、nabiオンマさんに歴史ありですね。
しかし、語学嫌いだったのに博士の講演を聞いて、
韓国語を習いに行っちゃったなんて( ̄□ ̄;)
不思議だねえ。
それが結婚&外国暮らしに繋がったなんて
ドラマチックだわ〜☆

投稿: shiva | 2012年3月 2日 (金) 08時46分

人生は毎日が出会いの連続ですが、特別に思うことは、心の琴線に何かが触れるからなんでしょうね。不思議なことですね。振り返ってみると、その時から道ができているんですね。これからもどんな出会いで新しい道ができるんでしょうか?楽しみですね。

投稿: kyon | 2012年3月 1日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分岐点:

« D-60 | トップページ | D-50 »