« なぜ、なぜ? | トップページ | ボツ?? »

韓山モシ祭に行ってきました!

Sp1050943 毎年5月に行われていた「韓山モシ祭」。

今年は7月末に行われるということで、ちょうど前日から訪韓していたプチ弟子13号ちゃんand15号ちゃんの2人を引き連れて、行ってきました。韓山まで。。。

朝6時10分にヨンサン(竜山)駅集合。片道4時間のたび。(21000Wぐらい)ちなみに、朝の段階で、既に帰りの電車は、終電しか席がなかった。。。日曜日だから?夏だから?終電でも、座れたから良しとしよう。

今年は、海水浴場とススキ原と3会場にわかれての開催ということで、少し人手が少なかった感じ。でも、夏だ!暑い!ってことで、まるでサーカスみたいな大きなテントがたってって、一部冷房の聞いた中での見学も可能。

Sp1060002で、買っちゃいました。センモシです。買うつもりはなかったんだけどなぁ。素敵な出会いがあって、3人で有り金はたきました。一人当たり7mぐらい。なんにしようかなぁ?(4年前に行った時に、そこで知り合った染色の先生と半分にして買った白いモシもそのままなのよ・・・)

Sp1050819 こちらが、私達が買ったセンモシを織られた「忠清南道無形文化財第1号 ナ・サンドク先生」

会場ではセンモシが売ってなかったので、先生の工房の棚の中から引っ張り出してきていただきました。ブラウスなんかを作った切り落としをプレゼントしていただいたり・・・先生、カムサハムニダ!!

っというわけで、もっと書くことは一杯あるんだけど・・・・是非、体験してみたい!って人は、来年一緒に行きましょう。交通費と美味しいもの!で、通訳andガイドしますよん。

そうそう今年の反省会を経て、来年も夏にやるか、5月にするか決めるそうです。5月はモシを着るには寒いってのが7月した理由みたい。例年に比べて人でも少ないしモシを着てても暑い!!って先生はぼやいていました。

ちなみに終電に乗って、ヨンサンについたのは、日付が変わった後でした。。。

|

« なぜ、なぜ? | トップページ | ボツ?? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

幸子さん、お返事が遅くなり申し訳ありません。
モシ館の売店は、この前行ったらなくなっていました。お祭の時でしたら、布や糸の販売所がでます。工房で布や糸を売っていらっしゃる先生もいらっしゃいます。
詳しくは知らないのですが、以前はモシや糸は五日市で取引されていたんですが、最近モシ館の側に、常設の市場?みたいのが、できたような話を聞きました。そこにいけば購入も可能だと思いますよ。

投稿: nabiオンマ | 2007年10月 1日 (月) 05時44分

nabi様

このモシ館ではいつも布を売っているのですか?又糸は販売しておりますでしょうか?

投稿: 幸子 | 2007年9月16日 (日) 02時22分

幸子さん、初めまして。
織物をされているんですねぇ。素敵。。。実は私も昔は織物がしたかったんですよぉ。いつの間にか縫い物にハマってますが・・・

韓国の麻織物には、大麻で織った「サンベ・ポ」と芋麻で織った「モシ」があります。モシは韓山が有名で、「サンベ・ポ」は地域によっていろいろな種類があります。
余裕を持って訪韓してくだされば、まず知り合いのモシ・サンベ専門の問屋さんに行っていろいろな布を見て、気に入った織物の織っているところが見たい!といえば、紹介してもらえると思います。ただし現地まで行って何も買わずに帰ってくるって訳にはいかないかも・・・
韓山は、モシ館があるので、お祭期間以外でも見学可能ですよ。

投稿: nabiオンマ | 2007年9月11日 (火) 05時51分

こんにちは、初めまして
織物を趣味にしている幸子です
韓国でこんな麻織物があることをこのHPで始めて知りました!!nabi様、来年は是非一緒に連れて行って下さい
ご連絡お待ちしております


投稿: 幸子 | 2007年9月 9日 (日) 23時33分

kogeさん、「ハギレ」縫い始めたのね。私は少し染めようかと、のりを落としだけしました。どんな作品が出来るのか楽しみです。刺繍、がんばってねぇ。

MIKIさん、西海岸の海水浴場はどうしてしたか?水が濁ってる!?って噂だけど。。。ナ・サンドク先生にお会いしたんですね。事前にわかってれば、連絡しておいたのに。。。今度、センモシ、お見せしますね。

投稿: nabiオンマ | 2007年8月14日 (火) 23時32分

うわー。私、nabiオンマさんの記事読んでいたのに、まさか自分と関係するとは思わず。
先週末、思いがけず海水浴の途中で行ってきましたよ!!

それでセンモシにはとても手が出ず、その切れ端の方を買ってきました。彼女がナ・サンドク先生だったんだぁ。感動。

投稿: MIKI | 2007年8月14日 (火) 11時00分

こんにちは。プチ弟子13号kogeです。
こちらもあいかわらず、毎日暑いで~す。
韓山モシ祭り、楽しかったです。
韓山までの行き帰りの汽車は爆睡だったので、私的にはあっという間に着いたという感じでした。
本当に行ってよかった!!
また行きたいです。

購入した韓山モシは、もちろん大事にしまってます。。。
いただいたハギレのモシは、何枚か縫い合わせてみました。
大事に大事にゆっくり縫っています。

刺繍もゆっくり取り組んでます。

ということで、家の中で過ごす盆休みを過ごしてます。

投稿: koge | 2007年8月14日 (火) 09時20分

今回のツアーは教室主催のものでした。
布好きが集まったので、とても楽しかったです。
「免税店より布屋問屋が好き」な人たちばかりなので、
ガイドさん泣かせでした。

投稿: sakuragi | 2007年8月 7日 (火) 18時43分

sakuragiさん、こんにちは。
韓山モシ祭、ツアーで行かれたんですか??
そんなツアーがあるんですね。私達はツアーっていうより、ぶっつけ本番どたばた旅行って感じでした。ちなみに私達が行った時は、日本人には一人も会いませんでした。
現地で直接買うのって、ちょっと勇気が要りますが、旅の醍醐味って感じですよね。お求めになったモシ、どうされるんですかぁ??
って、私は大事に「しまい」ました。。。

投稿: nabiオンマ | 2007年8月 6日 (月) 22時37分

こんにちは。
実は私もあるツアーに参加して、このモシ文化祭に行ってまいりました。
訪問したのは最終日だったかな?
あれ?、数日前のことなのに、もう忘れてる(苦笑)
私も友人数名と共同で一番安い価格のついたモシを購入しました。
来年仕事の折り合いがついたら、是非ツアーに参加したいです。

投稿: sakuragi | 2007年8月 6日 (月) 12時46分

カルミアさん、ご無沙汰しています。
韓山、行かれたんですね。あんな田舎まで、よくぞ・・・
「センモシ」の「セン」は、「生」です。
要は精錬というか漂白していないモシという意味。普通のモシにくらべて、生成りで黒い筋?みたいのが所々は行っているのが特徴です。多少、着色がされている場合もあります。
本来は、わざわざ漂白しなくても、使い込むと自然に白くなるのだそうです。
ちなみに、「ミョンジュ」(平織りの絹)に対して「センミョンジュ」。「スッコサ」(透かし模様入り薄絹)に対して「センコサ」。などと言います。韓国人に説明を求めると「煮てあるかどうかの違い」という答えが返ってきます。。。

投稿: nabiオンマ | 2007年8月 5日 (日) 01時23分

紫根染めでお邪魔したカルミアです。
2005年5月に、韓山モシ文化祭に行きました。
http://someiroiro.exblog.jp/3327299
今年は7月末だったんですね。
私も買ったモシ、そのまま置いてあります。
「センモシ」のセンは、どういう意味ですか?
また、行きたいです。

投稿: カルミア | 2007年8月 4日 (土) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112147/15988977

この記事へのトラックバック一覧です: 韓山モシ祭に行ってきました!:

« なぜ、なぜ? | トップページ | ボツ?? »